生命保険の基礎知識>基礎の基礎生命保険用語を理解しよう!

生命保険の基礎用語

・(保険)契約者
生命保険の契約、保険料支払い、解約、死亡保険受取人
の変更など保険契約の権利および義務を持つ人のこと。


・被保険者
保険の対象となる人で、被保険者が死亡した場合に
死亡保険金を支払います。
被保険者が入院した場合に入院給付金を支払います。

・保険金
被保険者が死亡した時保険会社が保険金受取人に支払う金額のこと。


・保険金受取人
被保険者が死亡した場合に、その死亡保険金を受け取る人のこと。


・一時払保険料
保険料を1回で全て支払う方法。


・年払保険料
保険料を年に1回支払う方法。

・半年払保険料
保険料を半年に1回支払う方法。


・月払保険料
保険料を毎月支払う方法。


・全納払
年払、半年払、月払の保険料を数回分まとめて支払う方法。


・解約
保険契約者が加入している保険会社に申し出て、契約の継続をやめること。
被保険者や保険金受取人が申し出ることは出来ません。


・失効
保険料の払込み猶予期間が過ぎても保険料の支払いがない場合は
その契約は失効となり効力を失います。

・復活
保険契約が失効しても
所定の手続き(滞っている保険料の支払い、告知など)
を行って保険契約を失効前の状態に戻すこと


・契約者貸付
解約金の一定範囲内で契約者に貸し付けること。
解約金のない保険では契約者貸付は受けられません。

・ソルベンシーマージン比率
保険会社の経営の健全性を測る指標の1つで
保険金の支払余力を意味しています。
支払余力とは、大災害などの通常の予測を超える事態が起こった場合の
保険金の支払能力のことです。
保険会社では、契約者に保険金などを支払うために、通常の予測に基づき
責任準備金として保険料や運用収益などを積み立てて対応しています。
ソルベンシーマージン比率が200%を下回った場合には
金融庁によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます。

生命保険の基礎知識

トップページ
基礎の基礎生命保険用語を理解しよう!
生命保険は何のために入るの?
生命保険のしくみの秘密は意外と簡単
「定期保険」てなに?「定期保険」のしくみ
「終身保険」てなに?「終身保険」のしくみ
「養老保険」てなに?「養老保険」のしくみ
「年金保険」てなに?「年金保険」のしくみ
「医療保険」てなに?「医療保険」のしくみ
「ガン保険」てなに?「ガン保険」のしくみ
「学資保険」てなに?「学資保険」のしくみ
自分に合った特約(オプション)を選ぼう
生命保険と共済はどう違うの?
死亡受取人は誰にするのが良いの?
保険金や給付金は誰が請求するの?
面倒でも大切な契約の手続きに関する知識〜その1
面倒でも大切な契約の手続きに関する知識〜その2
保険は続けることが大切!保険料の小技
保険料を支払わずに契約は継続する裏ワザ〜その1
保険料を支払わずに契約は継続する裏ワザ〜その2
保険でお金を借りる裏ワザ
知らないと損をする!生命保険と税金の関係
生命保険の販売方法の秘密
営業レディを採用するのは至難の業
頑張っている営業レディの1日のスケジュール
優秀な営業レディに加入しましょう
ダメダメ営業レディには注意が必要
豆知識〜予定利率ってなに?
豆知識〜配当金はどんな時に支払われるの?
豆知識〜日本の保険会社と外資系保険会社との違いは?
体験談〜保険会社破たんの現実
体験談〜保険加入は家族のために加入
体験談〜告知義務違反は怖い絶対にダメ
体験談〜生命保険のありがたさを実感

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system